マイブログ リスト

2012年5月29日火曜日

本日のサイエンスオチ

東京電力が、社員の今冬の賞与147億円分を料金値上げの原価に計上していることが判明

家庭向けの利益率が高い電気販売で利益の大部分を稼いでいる電力会社に思い知らせる最良の方法は、電力会社からなるべく電気を買わないようにすることです。
そのためにはどうしたらいいでしょうか?
一番簡単な方法は自宅の屋根にソーラー発電をつけること。これでくそったれ年収一千万野郎からの電気の購入は1/2になります。
その次ぐらいに家庭向けコージェネや燃料電池を購入して、床暖房や給湯、お風呂を沸かしているときに電気も作ってしまうことです。
こうすれば電力会社は自分たちの高給を維持することや利益を上げられなくなってしまうでしょう。
逆の言い方をするならば、自宅にソーラーパネル他の発電設備もつけない奴が反原発を叫ぶ資格はないということです。

南海トラフ地震「犠牲最悪30万人」 検討会トップ見解

同和と在日 by 鳥取ループ




3 件のコメント:

  1. そのくそったれは自分が配置したエキストラなのでどうでも良いですが燃料電池とコージェネは創造してみます(丁度良い機会ですし
    周囲でソーラーは見掛けますがこの二つは無いので・・。

    返信削除
  2. という事は、電力会社は、一般家庭ソーラー発電事業に乗り出すべきですね。

    返信削除
    返信
    1. そんなことしたら、利益率の高い電気が売れなくなっちゃうよ。
      都市ガス各社や石油元売りが家庭向け太陽電池販売に力を入れているのは、それが自分たちの主力商品である家庭向けのガスや灯油の販売を減らさずに、ガス器具販売店やガソリンスタンドの経営多角化になるからさ。
      太陽電池と家庭向け燃料電池やコージェネをセットで売り込んだら、むしろプラスになる。なぜなら、天然ガスや燃料も売れるから。

      削除