マイブログ リスト

2012年5月28日月曜日

本日のネタオチ

池田信夫が増税したら景気は良くなるの!と妄言~ついうっかりワシの老後の不安をなくすために消費税を増税しろ!と本音を漏らす

池田のような勝ち組の年金生活者にとって同じ年金で豊かな消費生活を送ることができるデフレを加速し、自分たちの高額な年金利権を維持するための消費税増税は悲願なのである。
これは日銀社員などの雇用が保証されている高額所得者についても同じことが言える。
彼らがインタゲや金融緩和、ケインズ政策などに脊髄反射して感情的な反対をするのは、それらが全て自分たちが、今、デフレ下で享受している年金ライフをぶち壊すことになるからだ。
仮に円高が円安になったら、年5回行っている海外旅行を3回に減らさなければならなくなるだろう。
デフレがインフレになったら、支給額が決まっている年金で買える消費財も少なくなってしまう。
要するに彼ら老人たちはデフレがなくなってほしくないのである。
その一方で、経済成長はイコールインフレだから、経済成長をしてほしくない。
しかし経済成長をしないと年金の原資がなくなってしまうのでは?
なぁにそんなことは心配ない。移民を入れて、消費税を増税し、若いもんをどんどん締めあげて我々の年金や医療費を払わせるのだ!はっはっは!というわけである。

これまで5人の職員に入れ墨を彫ってきた刺青職人が橋下のやろうのお陰で商売あがったり!人権侵害だと涙の訴え

「太陽光発電全量買取で亡国!バカー!!」と自称八咫烏氏

実に日の丸の国旗にふさわしい事業ではないかね。
太陽光発電は日本人のどうしようもない信念であるお金は人が汗水垂らして稼ぐものという貨幣労働価値説をぶっ潰すのにも役立つ。
それに、ネトウヨが太陽光発電で朝鮮企業ソフトバンクが儲かるだけと力説していたが、どうかね。日本企業もどんどん乗り出しているではないか。

中国崑崙山の仙人(29) 気 (二)

同和と在日 by 鳥取ループ




0 件のコメント:

コメントを投稿